読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Musikfreunde"燦"

Musikfreunde"燦"の公式ブログへようこそ。

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。
Musikfreunde "燦"、実行委員長の浅野です。
皆さま、ご家族等と共に、穏やかな新年を迎えられたのではないかとお喜び申し上げます。

ところで、昨年2016年は英国のEU離脱、米次期大統領にトランプ氏が選出されるなど、想定外の出来事が多く、驚きの一年でした。今年はどのような年になるでしょうか。
干支(えと)から言いますと今年は「酉(とり)」年、しかも60年に一度の「丁酉(ひのととり)」で、世の中が騒がしくなると言われています。

が、今年はいよいよ私たちMusikfreunde "燦"の旗揚げの年です。
演奏会は既にご案内のとおり1月14日(土)にミューザ川崎で行われ、ベートーヴェン交響曲第9番「合唱付き」を演奏します。

第9と言いますと、特に日本では年末恒例で、皆さんの中にも、年末に演奏会、TVなどで第9を聴かれた方も多いのではないかと思います。
今回の年明けに第9の演奏を行うにあたっては、演奏会にお声掛けした方から「第9は年末ではないのですか」との質問をよく受けました。

ここが私たちMusikfreunde "燦"のこだわりの一つであります。
第9はベートーヴェンが人類にとっての理想の世界(=楽園、Elysium)を謳い上げた、壮大で崇高な音楽です。
そうした音楽であるからこそ、年末ではなく、気持ちも新たな年明けに演奏することが相応しいのではないかと考えたわけです。

私どもの第9の演奏で、「丁酉」が騒がしい一年ではなく、「燦々」と輝く、明るい一年にしてゆきたいと思います。
どうぞたくさんの皆さまのご来場を心よりお待ち申し上げております。

また、Musikfreunde "燦"は新たな音楽集団として、今回の第9の演奏会で終わらせることなく、今後も定期的に活動してゆきたいと考えております。
今後とも、変わらぬご支援、ご指導をいただければと思います。

2017年元旦

Musikfreunde "燦" 実行委員長 浅野紀久男

 

次回、演奏会前最後の配信は1月6日ころの予定です。